水道工事会社に依頼して直す

水道工事会社に依頼して直す さまざまな場所などで専門的な道具も買える便利な現代においては、DIYを趣味にする人の増加に拍車をかけました。水道に関するトラブルも、自分で直す人も増えているのではないでしょうか。さまざまな部品も手に入りますが、工事のプロでなければ不安なことも出てきます。
資格がなければ行ってはいけない水道工事があることは理解が必要です。手順を間違えれば大きな被害を出しますし、健康被害のもとになる可能性もあります。それでも難易度が低いわけではないため、工事会社に依頼するべき水回りの問題は何か考えてみましょう。

■安心して依頼するための指標

水道局指定工事店であるということは、大事なポイントになってきます。工事をする場合には、決められた資格が必要になります。認定された会社なのも大事な要素です。
水道局指定工事店は、行政単位で指定されるものです。各地にある水道局が、適切に施工できる業者に許可を与える仕組みで、中身としてはどこの地域でも変わりません。給水装置の工事をする場合、この許可がない会社は施工ができません。審査は簡単な内容ではなく、地域の水道局が技術や設備の面もチェックして審査します。問題があったときには取り消しもある厳しい内容です。トラブルを発生させた時には、水道局が仲裁に入ってくれます。水は安全に使用されるべきライフラインです。水道局は水道の安全を守るために指定業者の認定をしています。

■詰まったときにも依頼
工事が必要なのは、なにも水漏れだけではありません。悪臭が漂うときなども、何か問題が潜んでいるからです。夏場などに感じることがありますが、悪臭が漂うことは、生活にいい影響はありません。清潔な環境も失われてしまいます。
排水から悪臭が起きることが良くあります。内部に異物がこびりつき、溜まったことで悪臭を放ちます。詰まるものはたんぱく質のもの以外にもあり、石鹸や油も臭いを発生させる原因です。パイプ洗浄剤などで解決できる場合もありますが、根本的な解決が見られないときは、専門業者の高圧洗浄が必要です。工事としてはそこまで大掛かりにしないでもできる洗浄方法で、臭いのもとから流すことができます。

■見えないところでもトラブルは起きる

工事会社に依頼しなければいけないケースは、目の前でトラブルが起きているときだけではありません。水道代の変化によってトラブルを発見するケースもあります。
何も原因がないのに、水道代が増えるということはありえません。多少の金額の変動はあったとしても、思い当たることがないのであれば金額はだいたい毎回同じになります。思い当たることがなく、水道代が突然高額になった時は、どこかで水漏れをしている可能性を考えます。
漏水が発生している場合、見た目に変化がなくでも水道代が跳ね上がります。漏水は、一度始まれば24時間収まることもありません。これが水道代の正体となるため、検査して原因を見つける必要があります。特に問題になりやすいのは、老朽化です。自分たちでは大丈夫と思っていても、壁の中などの状態は目に見えないので分かりません。見えない以上、いつ漏水が発生するかわからないため、専門業者の点検も必要です。

■まとめ
工事会社に依頼してでも修理をしなければいけないケースはいろいろと出てきます。簡単なことなら、自分で直せるかもしれませんが、専門領域に入ればそうはいきません。見えないところになれば、専門の知識と道具、経験がなければ直せない状態です。安心して依頼できる会社を見つけられると、さまざまなことを依頼することもできますし、なによりも手早く回復できるのが違いです。
技術的にも難しいことがいろいろと出てきます。確実に直さなければいけないときには、早めに依頼することを検討するべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース